2011年08月13日

美容鍼

日曜日に美容鍼の勉強会に行ってきました。
劉勇先生の美容鍼臨床セミナーが森ノ宮医療学園専門学校にて開催されました。

今回のテーマは、たるみ、くすみのツボの取り方でした。
美容鍼は自分の持っている力でお顔のたるみ、くすみを改善していくアンチエイジングです。

美容鍼

ちょっとお話はそれますが、
東洋医学では「望、聞、問、切」により診断を行います。
◆望(ぼう)
望診は、顔色は体格、舌や皮膚、動作などを、視覚で診ます。

◆聞(ぶん)
聞診は、声の大小、口臭や体臭などを聴覚や嗅覚で診ます。

◆問(もん)
問診は、患者から自覚症状や病気の経過などを聞きます。

◆切(せつ)
切診は、脈やお腹に手をあてるなど、体に触って診ます。

劉勇先生の美容鍼はお顔の色、つや、どこの部位にたるみがあるかなどを診て身体のどの臓器が疲れているかを判断します。
そしてお顔のツボに鍼を刺して刺激することとで内臓の機能までも元気になります。
お顔のツボはたるみを改善させるだけでなく、自律神経を整えてくれたり、夜にぐっすり眠れたりと身体にとっても良い効果が現れやすいのです。
お顔も美しくなって、身体も元気に保てるとなると一石二鳥な治療ですね。

この勉強会では実技が主で私もお顔の鍼を受けました。

美容鍼

受講者同士で美容鍼を受け合うのですが、お顔に皮下出血を作られてしまっている方もいました。
お顔には毛細血管がたくさんあり、髪の毛くらいの細さの鍼でも皮下出血は避けられないようです。
私も皮下出血を作られたその中の一人でした。(苦笑)
それでも、次の日にはお顔にツヤがあるように感じました^^

当院でのリフトアップはビューティーライザー(東洋医学と美容技術を融合させた新しい施術法です)をお勧めしております。
皮下出血のことを思うと、ビューティーライザーは痛くもないですし安全にリフトアップしてくれるので私は気に入っています。
女の人はいくつになってもきれいでいたいですからね。

あっ。でも最近は男の人でも美容に敏感な方がおられますよね^^
皆できれいになりましょう!!


ビューティーライザーはこちら>>


たかせ えみ

posted by Emi at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容

2011年07月05日

夏季限定 アロマセラピー

ふくらはぎのアロマセラピー始めましたexclamation×2

アロマセラピー

夏は脚が浮腫みやすく、そして以外にも冷えやすい時期でもあります。

当院でもこの時期は「脚がだるいです。」
と訴える患者様が多いのです。

まず、考えられる原因は

1 薄着(短パンを履く)になるので脚が冷える。
2 冷たいものを摂る
 (冷たい物を体内に入れすぎると血行が悪くなり消化吸収も悪くなります。
  胃での消化に時間がかかるのでいつもより胃は頑張らないといけません。
  そうすると胃は疲れ、腸での栄養の吸収も悪くなり身体への栄養の供給が十分では
  なくなります。)
3 冷房の中にいることが多い。

など原因は様々です。

心臓から出た血液は全身に行きわたります。
足先まで通った血液は筋肉の収縮によって心臓へと返りますが、
運動量の少ない方や女性は筋肉が弱いので血液が心臓へと返りにくく、浮腫みへとつながってしまいます。
1番は適度な運動を行う事ですが、
浮腫んでしまった足を改善させるのはアロマセラピーのオイルマッサージが有効です。

当院ではオーガニックオイルを使用しております。
お肌もツルツルになりますよ^^
治療時間に施術行っております。

料金 10分 800円

是非、お試しくださいぴかぴか(新しい)


たかせ えみ

posted by Emi at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容

2011年06月29日

日焼け 2

前回のブログに引き続き、日焼け後の対策をお話しますひらめき

日焼け対策ではなるべく肌の露出を避ける事がおすすめですが、
自転車での買い物や、洗濯物干しなど、
女性には外に出てやらなくてはいけないことがいっぱいです!!
いくら対策をしていてもやっぱり完璧には防ぐのは難しいですねバッド(下向き矢印)

日焼け後のお肌ケアはお肌トラブルを最小限に抑えるようにお手入れする事が大切です。
化粧品での水分補給はもちろんですが、それだけに頼っていてはいけません。
食事で栄養を補給することで身体の中から整える対策も必要なのですパンチ

紫外線により活性酸素が体内で発生しています。
抗酸化作用のある栄養素を摂りましょう。

・カロテン(ビタミンA)
 緑黄色野菜に豊富に含まれています。
 かぼちゃ・にんじん・ブロッコリー・ほうれん草・トマトなど

・ビタミンC
 しみ、そばかすの予防に。
 柑橘系(レモン・グレープフルーツなど)・イチゴ・トマト・ジャガイモなど

・ビタミンE
 アンチエイジングには欠かせないビタミンでお肌のお手入れには強い味方です。
 肌の新陳代謝が良くなり美肌効果が期待されます。
 アボガド・ナッツ・オリーブ・ゴマ・大豆など

IMG_NEW.jpg


来年、再来年といつまでも美肌が続くよう、しっかりお手入れをしましょう!!
日焼け対策の今回は、お肌ケアと食事の対策のご紹介でした〜るんるん


文 たかせ えみ  絵 おおたに あすか
posted by Emi at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容