2011年08月13日

美容鍼

日曜日に美容鍼の勉強会に行ってきました。
劉勇先生の美容鍼臨床セミナーが森ノ宮医療学園専門学校にて開催されました。

今回のテーマは、たるみ、くすみのツボの取り方でした。
美容鍼は自分の持っている力でお顔のたるみ、くすみを改善していくアンチエイジングです。

美容鍼

ちょっとお話はそれますが、
東洋医学では「望、聞、問、切」により診断を行います。
◆望(ぼう)
望診は、顔色は体格、舌や皮膚、動作などを、視覚で診ます。

◆聞(ぶん)
聞診は、声の大小、口臭や体臭などを聴覚や嗅覚で診ます。

◆問(もん)
問診は、患者から自覚症状や病気の経過などを聞きます。

◆切(せつ)
切診は、脈やお腹に手をあてるなど、体に触って診ます。

劉勇先生の美容鍼はお顔の色、つや、どこの部位にたるみがあるかなどを診て身体のどの臓器が疲れているかを判断します。
そしてお顔のツボに鍼を刺して刺激することとで内臓の機能までも元気になります。
お顔のツボはたるみを改善させるだけでなく、自律神経を整えてくれたり、夜にぐっすり眠れたりと身体にとっても良い効果が現れやすいのです。
お顔も美しくなって、身体も元気に保てるとなると一石二鳥な治療ですね。

この勉強会では実技が主で私もお顔の鍼を受けました。

美容鍼

受講者同士で美容鍼を受け合うのですが、お顔に皮下出血を作られてしまっている方もいました。
お顔には毛細血管がたくさんあり、髪の毛くらいの細さの鍼でも皮下出血は避けられないようです。
私も皮下出血を作られたその中の一人でした。(苦笑)
それでも、次の日にはお顔にツヤがあるように感じました^^

当院でのリフトアップはビューティーライザー(東洋医学と美容技術を融合させた新しい施術法です)をお勧めしております。
皮下出血のことを思うと、ビューティーライザーは痛くもないですし安全にリフトアップしてくれるので私は気に入っています。
女の人はいくつになってもきれいでいたいですからね。

あっ。でも最近は男の人でも美容に敏感な方がおられますよね^^
皆できれいになりましょう!!


ビューティーライザーはこちら>>


たかせ えみ

posted by Emi at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容