2011年06月24日

日焼け

昨日、今日とずいぶん暑くなりましたね~晴れ
日差しもきつくて日中は日傘なしではとても歩けません・・・たらーっ(汗)

こんな時期に気になるのはやっぱり日焼けですよね!
今日はそんな日焼けのお話ですひらめき

紫外線が素肌に与える影響はみなさんよくご存知ですよね。
表皮が紫外線に当たって傷めつけられると、細胞は早くこれを治そうとします。
すると、ターンオーバーの周期は早くなってしまい、
(正常なターンオーバーは28日くらいの周期)
早められたターンオーバーからは正常な細胞が生まれてきません。
本来ならば、アカとなるはずのメラニン色素が表面に残って(沈着)してまいます。
紫外線にあたるとシミやソバカスなどができてしまうのはこのためです。

紫外線から素肌を守る方法として、UVカットの化粧品の使用が一般的ですが、
このUVカット化粧品の紫外線散乱剤、紫外線吸収剤として含まれる物質はUVB波を防ぐ効果はありますが、
素肌には相当な負担がかかります。
色黒になることは防げても、肌の老化は進めてしまう事を理解しておきましょう。

これらの事を含めて私たちができる有効な手段は、素肌を直接さらさないこと。
あるいは、洗濯物を干すのは10時までに
お買い物は15時を過ぎてから出かける。
UVカット化粧品などはしっかり落とす。
22時〜2時はターンオーバーを促す時間帯なので22時までに落とせるとgood!!
生活リズムのちょっとした工夫が美肌作りの近道になるかもしれませんね。

美肌は1日してならず!ですぴかぴか(新しい)

IMG_NEW.jpg


ちょっとお勉強グッド(上向き矢印)
紫外線が最も強くなるのは
10時〜15時の時間帯で春〜夏にかけてです。

UVBとは
日焼けによる急性の炎症や数日後には黒化を起こします。
炎症後の色素沈着を起こす主原因となっています。
一般的に海水浴や山登りなどで日焼けするのはUVBの仕業です。

UVAとは
UVBのような強い作用はありませんが、長時間浴び続けると深いシワやシミを作る原因となります。
また、即時黒化といい、陽射しを浴びてすぐに皮膚の黒化を起こす原因でもあります。
これを通常の加齢とは区別して、「光加齢」といいます。


文 たかせ えみ  絵 おおたに あすか


痛みのご相談:桜鍼灸整骨院木川東HP

けが、交通事故治療:整骨

肩こり、腰痛、ひざ痛の治療:鍼灸

歩行困難な方の治療:訪問マッサージ

お顔のリフトアップ:美容施術